Hidefumi-Ikebe.com

日本〜ナミビアまで(2016/4/26・27)

   

この記事の所要時間: 41

重たい荷物を背中とお腹にかけて、いざナミビアへと出発です。

さっそく成田空港の第一と第二を間違えて、バスで第二から第一へと移動しなければならず、時間もギリギリでかなり焦りました。

ChinaAirlineとAirChinaはそもそも国も違くて、もちろん成田ではチェックインカウンターも異なり、さらには第一と第二と別々にあるという…。分かりにくい〜。

チェックインを済ませ、書店でホリエモンの最新本を購入し、時間さえあれば読み進めることにしました。

中国の北京にて乗り換え、

トランジットで2時間〜3時間待ちで、ドル紙幣しか持っていない自分としては、少し痛手。時間を持て余す。さすが経済大国やな。

搭乗ゲートの目の前にあったスタバでは「カードなら使えるよ」と言われたものの、今回は今の時点でもかなりの大金を使っているので、現金以外で払う気が起きませんでした。

でも有難いことに北京国際空港にはトイレの横に飲料水(しかも温水も出る)の機械が設置されていて、砂漠マラソン用のボトルに入れて飲み、本を読み、次の便を待つことにしました。

3時間ほど待ち、機内へ。

月明りが綺麗な夜の機内で夜飯と朝飯。

雲が雪面のように見えた。

あっという間に南アフリカのヨハネスブルクにたどり着き、

エアナミビアに乗り換え。

ゲートから先はバス移動で機内へ。

高くなればなるほど地球が丸いのを目で見て感じることができました。

機内食で朝食とコーヒーをとり、最高の眺めじゃんなんて思って写真を撮ってみた。

僕が撮った写真が2013年の伊勢原の病院にいた頃だか墨田区の病院にいた頃を思い出させたようで、急に涙目になってしまった。

今は二本の足で立って歩いて、ここまで来て、飛行機を乗り換えてと当たり前にこなしているけど、あの頃のベッド上安静とその後の車椅子生活を考えたら、信じられなかった。

窓から見下ろした一面に広がる砂漠は広大で、今までに感じたワクワクとはまた違った、胸の高まりが急に感じられた。

ウォルビスベイの空港からはバスを予約していて、スワコプムントの観光地までは難なく行くことが出来た。

ゲストハウスに着きチェックインを済ませ、部屋に荷物を置き、街へ繰り出すことにした。

銀行でアメリカドルからナミビアドルへ替えて、腹ごしらへをすることに。

カフェやレストランが多く、どこが良いのか分からなくて困ってしまった。ベトナムでテキトーに入った店でピザが当たって10日間ほど腹を壊していたトラウマがあるからだ。

スワコプムントはわりと海風のおかげでイメージしていた砂漠の暑さは無く、むしろ風が吹いていて涼しいくらいだと感じた。

結果的にスーパーマーケットで現地人と同じ食事を済ませたわけだけど、やっぱりこういう方が自分に向いている。

変換プラグが合わないことに困ったけど、スーパーマーケットで手に入った。

夕焼けの空はどこへ行っても綺麗なんだなと思ったりもした。

荷物もロストせず成田からナミビアまで来てくれた。

今の所、何も問題が無い。

南アフリカの空港で、ちょっと道案内したくらいで、「20ドルのチップをくれ」と言ってきた奴がうざかったくらいでそれくらいだ。

十円玉二枚渡そうとしたら、コインじゃないというので、アイハブノーマニーと言って跳ね除けた。

ナミビアのここスワコプムントはビーチリゾート&砂漠リゾート地でハワイとまでは言わないが、ベトナムのニャチャンにも似ていて、湘南っぽくもあるが、どちらかと言うと宮崎県の青島に近い。

現地のビールは美味しいし、飯も上手いし、スーパーマーケットのレジの人のサービスも悪くない。物価は日本より少し割安なくらいでなんら変わりない。

スーパーを出たところに釣銭をくれと言ってくる、ホームレスなのか無職なのかのおじさんや子供がチラホラ見かけるくらいで、東南アジアの一部の地域のようなお金をくれくれしつこい、物乞いは居ない。

仕事があれば3ヶ月ほど滞在しても苦ではなさそう。言語の壁をクリア出来れば現地に溶け込んで、友人を作ったり彼女が出来たりなんて青春を過ごす感じも楽しそうだなとも思った。

そこまでする余裕は無いから妄想までにとどめておくけど、僕はココが外国人の立場で見たら良い街だなと思った。

まだマラソンまでは時間があるからもう少し時間をかけて、この街を楽しんでみようと思う。

それではこの辺で。

ほんじゃまた。

 - ナミビア/Namibia, ブログ, 海外

Comment

  1. okagu より:

    無事に着いて良かったです。
    解放されたようないい笑顔で安心しました。
    アフリカ満喫してくださいヾ(*´Ο`*)/

    • Hidefumi-Ikebe より:

      >okaguさん 無事帰国しました!!そしてスマホが壊れたのでうまく連絡できてません!!復旧でき次第連絡します。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

IMG_4833-0.jpg
【近況】箱根生活スタート(2016/03/02)
この記事の所要時間: 23

この記事の所要時間: 約 2分3秒 今日から箱根生活スタートです。   …

IMG_1842-0.jpg
金沢駅〜和倉温泉駅まで移動(2015/9/7)
この記事の所要時間: 249

この記事の所要時間: 約 2分49秒 金沢の街の散策を終え、サンダーバードに乗り …

20150226-091514.jpg
フエ到着…ダウン…(2015/2/24)
この記事の所要時間: 122

この記事の所要時間: 約 1分22秒 ハノイからフエまで夜行寝台バスでの移動は1 …

IMG_5929-0.JPG
名古屋ー東京ヒッチハイク(2014/7/21)
この記事の所要時間: 221

この記事の所要時間: 約 2分21秒 ビジネス系のスパホテルの大広間で一夜を過ご …

img_2245-1.jpg
仙石原に来て2ヶ月。(2016/11/13)
この記事の所要時間: 221

この記事の所要時間: 約 2分21秒 仙石原に来て2ヶ月が経ちました。 あっとい …

IMG_3387-0.jpg
【能登生活終了、東京へ帰ります①】和倉温泉〜金沢へ(2015/12/2)
この記事の所要時間: 29

この記事の所要時間: 約 2分9秒 和倉温泉での仕事場で一緒に働いていた友人三人 …

IMG_3837-0.jpg
【近況報告】志賀高原へ来てからもうすぐ一週間です。(2015/12/28)
この記事の所要時間: 636

この記事の所要時間: 約 6分36秒 いつ更新したか覚えていませんが、【近況報告 …

IMG_4302.JPG
次に進むことを決めました。(2016/02/15)
この記事の所要時間: 256

この記事の所要時間: 約 2分56秒 「次に進むことを決めました。」 缶コーヒー …

img_3174-1.jpg
“台北マラソン3泊4日の旅”最終日(2016/12/19)
この記事の所要時間: 447

この記事の所要時間: 約 4分47秒 台北マラソンの旅最終日。 忠孝復興駅の駅に …

20150612-142256.jpg
PENTATONIX @ ZeppDiverCityTokyo (2015/6/11)
この記事の所要時間: 28

この記事の所要時間: 約 2分8秒 アメリカのアカペラグループ「PENTATON …