Hidefumi-Ikebe.com

【近況報告】移動生活のおはなし(2016/1/23)

      2016/01/26

この記事の所要時間: 834

志賀高原に来たのがちょうど1ヶ月前の12月23日。

そして今日1月23日は志賀高原にある某ホテル厨房で調理補助として働いております。

 
 
前回働いていたスキー場での仕事は派遣会社を通して勤務する事が決まったのですが、今回のホテルでの仕事に関しては紹介で誘ってもらう事となりました。

ちょうど二週間ほど前の僕の誕生日1月6日に某ホテル厨房の副料理長に出会いました。

表方のレストランのホールや旅館の配膳業 (中居さんと同じ仕事、千と千尋の神隠しの千がしていたような仕事) は経験があったのですが、裏方での厨房の仕事は経験した事が無く、やってみたいな〜くらいにはずっと思っていました。

教えてもらいながらこなす、と言うよりは雑に「あれやっといて〜。これやっといて〜。」と包丁もフライパンも握った事も無い料理未経験者がテキトーに指示受けて、訳も分からず怒られて終わる…ような気がして始めの一歩が出せないでいました。

そんな時たまたま、スキー場での仕事が暇で楽で仕事らしい仕事でも無かったので、辞めたいなと思っていたんですね。「人数過多だし、自分必要ないっしょ〜」ってな具合に。

そして、誕生日の日にTEPPA (行きつけのビアバー) で飲んでいて、たまたまカウンターで隣に座った同い年の男の子がその職場の副料理長だったってただ偶然ってそれだけです。

“それだけ”っていうと語弊だろうけど、こういう出会いって面白いなと思うことがここんところ多くて…。27歳になったらなったで意識的にではなく、周りが変わってきたというか、環境が急に変わったような気がしてます。
  
夜はマイナス10度くらいの志賀高原ですけど、なんとか元気にやってますよ〜!

 
  

  
ほぼ毎日のように滑りに行ってるし。

 
  


(雪の衣が着いた木々が山菜のてんぷらみたいで美味しそう。)  


  

  
毎日ボード出来て、自分がやってみたいと思った新しい仕事を出来て、すごく贅沢な生活をしてるなって今は思います。(新しい仕事ってこともあって神経使うし、毎日ボード行くし、疲労感半端ないけど…。でも楽しいから全てよし。)

 
  

  


毎日滑っていると、自然と考える時間ができていて、自分との対話の時間が持てるんですよ。

 
今回はどうして移動生活を続けるのかについて、少しだけまとめてみようかなって思ってます。全て結果論ですが…。

最初に移動生活らしいものを始めたのは1年半ほど前の2014年6月の山形県への普通時自動車免許の合宿の時でした。その合宿の帰りにヒッチハイクを初めてしてみて、東京に着いたら農家に入って仕事をしようって思っていたんです。

自然の中で綺麗な空気吸いながら仕事したいなって。学生の時のタイで一ヶ月間ボランティアで農業をしていたのがきっかけです。

でも、たまたまWANTEDLYという求人サイトで宮崎県日南市のまちおこし事業が出ていて、応募する事にしました。そして話を聞きに行きたいと連絡をして宮崎に行く事にしたんです。

日南市に行くまでに北九州市の小倉までは夜行バスで行き、そこからヒッチハイクをして、南下する事にしました。

ヒッチで行けば人と人を繋いでいく訳だし、 そこに辿り着くまでに日南市の人に出会えるって思っていたんです。

運良く思惑通り、大分県の佐伯だったか宇佐の道の駅で「日南市」って書いてある大型トラックを見つけたんです。

まわりは全部大分ナンバーでそのトラックだけが宮崎ナンバー、しかもさらに運良く「日南市」って書いてある大型トラック。

運ちゃんはトイレ休憩で道の駅に入ってきただけなんですけど、その時の出会いが超運命的だなとしか思えなくて…。

「うちの三男坊が君みたいに旅ばかりしてるんだよ。困ったもんだね〜。早く就職して安定した道に着いてくんねーかなー」なんて言われて、自分も耳つまされる気持ちでいっぱいになったんですけど…。

その後さらに運良く、「今夜の寝床がないならウチに泊まりに来なよ。ウチは息子三人とも家を出てるし、部屋は空いてて、もう母ちゃんに電話しといたからさ」って。

この時はヒッチハイクをするのに、日南市でそのまちおこしの事業の担当者に会う約束の時間もあるし、結構必死で日南市まで行きたい!って思っていて、その思いが全て通ったと思えた瞬間でした。

「意思あるところに道は通づる」みたいな言葉あるけど、本気でやりたいと思っている事は、まわりがそれを出来るような環境に自分を押し出してくれるんだなって実感したんです。

新卒で入社して若いウチにビジネスマンとして成長するのも、旅人としてまわりの人に助けてもらいながら進んでいくのも、今この瞬間の若いウチにしか出来ないなって思って、僕は旅を優先する生活を選びました。

旅をして行くと自分が旅をしやすいように、モノを減らしたり、無駄な考えを捨てたり、四角いキューブ状のモノを削っていくんです。(これは自分の感覚的な考え方ですけど…。)

そうする事で自然と大事だと思える中核の部分だけが残るようになってくるんです。

「やりたくない事はやらない。」

「やりたい事だけやる。」

この感覚もとても大事にしていて、これも考え方的に要らないモノを削ぎ落とす事になってます。

思考と行動、内面と外面の整理ってどちらも通じ合っていて、部屋が汚い人は思考が整理出来ていなくて、思考が整理出来ている人は自分の部屋も整っていて、シンプルに行動に移せていると思うんです。

例えばですけど、贅肉の多い人は持ち物が多く、行動の一歩に躊躇う人が多いように思います。逆に脂肪の少ない人は、持ち荷物が少量で行動の一歩が軽くてフットワークの軽さに出ていると思うんです。

コレは一概に言える事では無いとは思いますけど、そういう事例が多いなと思っています。実際にこんまりさんの著書『人生がときめく片づけの魔法』でもそういう事書かれてましたし…。僕だけが感じている事では無いはず…。

そういう事もあって移動生活をしています。常にモノを減らす旅です。

「旅しなくてもモノなんて減らせるじゃん」って言う人もいるかもしれ無いですけど、それは個人の自由なんでどうぞ御勝手に〜という感じです。

  
ちなみにこんな写真載せるのもどうかとは思うんですが、今住んでいる部屋が、幅180ちょい・奥行き200ちょい、高さ200くらいで物凄く狭いんです。

でもこれくらいの小部屋がちょうどいい。

洗面所も風呂もトイレも無いし、生きていくには十分では無いですけど、本読んだり、睡眠とったり過ごす分には十分事足ります。

ミニマルがちょうど良い。

理想は、幅2m・奥行き2.5m・高さ3mくらいのベッド部分のみのロフト付きの狭い秘密基地のような部屋。

寝室となるロフトの下には大きな机を備え付けて、ある程度書き物をしたり、自分の思考を整理したりする場所を設けるのが将来の自分の部屋を作る時に考えている事です。

物置となるクローゼットはなくても良いし、もし作るのであれば、家庭用冷蔵庫が入るくらいのスペースで十分。

このくらいの部屋って、一軒家にいくつも作れたら、外国からのホームステイしたい学生を受け入れたり、地方から若くは地方への学生の下宿場所を作れたり、あるいはどうしても一人部屋が良いという旅行客にとっては、とても機能的な部屋だと思うんです。

まさに旅している感覚を常に持ち続けたい自分に合っている部屋だなって思います。

  
  
  
物凄く長くなってしまったのですが、果たして自分でも移動生活に関して全てをまとめられたかと言うと分かりません。

今はここまでしか書け無いのですが、書き足りていないようであれば、また何かの機会で続きを書ければと思っています。

ちなみに上のピザの写真ですけど、以前TEPPAでお会いしたピザ職人の方が働いているという、高天ヶ原ホテルの “pizza pazza” というピザ屋さんで食べてきた “いかすみピザ” です。

イタリアでピザの作り方を学んできたというおいちゃんは、凄く優しくて、ピザそのものも美味しく、一度しか会っていないのですが、僕の事をしっかり覚えていてくれました。

そんな感じで今は行く土地その土地で色々な方に出会う機会があって、自分の中に必要なモノを落とし込んでいってる途中です。

まだコレと言って確立出来ている訳では無いので偉そうな事は言え無いのですが、目の前にある事に一生懸命に取り組む力だけは一丁前に備わってきていると思っています。ですので、この調子でやりたいと思える事を片っ端から、やっていきたいです。

長くなりました。

いや長なりすぎました。

申し訳ないです。

でも「ブログ読んだよー!」って言ってもらえると超嬉しいんですよ。

ありがとうございます。

ネガティブになってブログ内で愚痴る事なんて多々ある自分ですが…。吐き出さずにはいられないので、引き続きストレス発散の為に吐き出していこうと思います。

それではこの辺で。

ばーい。

◯『電気・水道を自分でまかなえる、完全オフグリッドのタイニーハウス「The Matchbox

(ちなみに「ミニマム」とか「オフグリッド」とか「パーマカルチャー」とか「断捨離」とかそういうワードが好きです。)

◯『Jason Williams’ Ultimate Sacramento Kings Highlight Mix!』これはやばい。

 - ブログ, 国内, 長野県/Nagano

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

d3da16cc-0b4e-4c83-b505-1450fcf13013.jpg
長野駅近くの『中華そば 鍾馗(ショウキ−Shouki)』がオススメ。
この記事の所要時間: 28

この記事の所要時間: 約 2分8秒 長野駅近くにある『中華そば 鍾馗(ショウキ− …

img_4943-2.jpg
糸魚川市にある弁天岩へ。(2017/06/01)
この記事の所要時間: 152

この記事の所要時間: 約 1分52秒 今日から6月。 月の最初が仕事休みで、新た …

20150326-170200.jpg
直島へ(2015/3/15)
この記事の所要時間: 13

この記事の所要時間: 約 1分3秒 今回宿泊したゲストハウスいぐさのある早島はジ …

20140709-012307-4987362.jpg
北九州市にある小倉城が予想以上に素晴らしかった。(2014/7/8)
この記事の所要時間: 138

この記事の所要時間: 約 1分38秒 7月8日、東京から15時間・1100キロの …

20150629-020049.jpg
信水堂へ in 富士河口湖町 (2015/6/26)
この記事の所要時間: 130

この記事の所要時間: 約 1分30秒 お仕事の中抜けの時間にちょいとスイーツでも …

IMG_4836-0.jpg
浮気って相互間の信頼関係の問題だと思うけど、どう思いますか?(2016/03/03)
この記事の所要時間: 38

この記事の所要時間: 約 3分8秒 桃の節句にこんなタイトルで申し訳ございません …

IMG_2266-0.jpg
能登島大橋往復ジョグ ( 2015/9/20 )
この記事の所要時間: 228

この記事の所要時間: 約 2分28秒 石川県に来て10日ほどが経ちました。 &n …

IMG_3829-0.jpg
志賀高原での初日勤務を終えてみて(2015/12/24)
この記事の所要時間: 54

この記事の所要時間: 約 5分4秒 今日はクリスマスイブ。  &nbs …

20140421-103935.jpg
Color Me Rad @稲毛海浜公園(2014/4/19)
この記事の所要時間: 51

この記事の所要時間: 約 5分1秒 4/19に千葉の稲毛海浜公園で開催されたイベ …

img_1898-1.jpg
3度目の金時山登山。(2016/10/15)
この記事の所要時間: 134

この記事の所要時間: 約 1分34秒 前日の月明かりと夜空が綺麗だったもんだから …